南区にある真田整形外科リハビリ科は慢性疾患から外傷など幅広く診療しています。

医療法人 凜りしき手 真田整形外科リハビリ科

TEL:082-256-0077 FAX:082-256-0089

インフォメーションサイトマップ|

トップページ

院長紹介・挨拶

医院紹介

治療案内

交通マップ

診療案内

足関節捻挫(前距腓靭帯損傷)

受傷の仕方、症状

表
(図1)

サッカーやバスケット、バレー、野球、テニスなどハードに走り回るスポーツにおいて、疾走状態で足を踏みはずしたとか、他の選手の足の上に着地するなどして、足を強度に内反強制されて負傷します(図1)。外くるぶし周辺が、内出血して腫れてきます。また痛みのため歩きにくくなります。

小学高学年から中高までの学校のスポーツ外傷で、最も頻度が高いケガです。多くは前距腓靭帯(図2)の損傷を伴っていますので、放置せずしっかり治療しないと、損傷した靭帯が充分修復できないため、関節の不安定性を後遺してしまいます。

イラスト
(図2)画像クリックで拡大表示

治療

表1のように、靭帯損傷の程度は、1度から3度に分類すると分かりやすいです。3度になるとひどく腫れています。1度では腫れはあまりありませんが、圧痛で診断できます。

1度の損傷であれば、湿布包帯固定やサポーター固定程度で済む場合もあります。私は2度と3度では、原則的に三週間のギプス固定をするようにしています。ギプス除去の後は特殊な装具(サポーター)を用いて、損傷靭帯の更なる保護と再発予防を図りつつ、スポーツ復帰まで、筋力強化や靭帯機能回復のための理学療法を行います。ギプス除去から一週間くらい経てば、ストレッチや柔軟体操など別メニューで復帰を目指します。

なお3度の損傷では、年齢や生活背景を考慮して、手術的に靭帯縫合を行う場合があります。腰椎麻酔下に30分程度で遂行できる、比較的侵襲の軽い手術です。

表
(表1)画像クリックで拡大表示